ダンボーのミニフィギュアを持っておくと1人旅が最高に楽しくなるよ

ABOUTこの記事をかいた人

スガワラ

22歳の青森県在住大学生。 旅して写真撮って、ごく稀に野球してます。プレーするより野球用具が好きです。 来年からは関東で理学療法士やります。 よかったらインスタ覗いていってください。

広告




こんにちは。スガワラ(@carex_take_blog)です。

旅に出て1人で写真を撮っていると、急に景色の中に被写体が欲しくなるときがありませんか?僕はあります。

そんなときに持っておくとめちゃくちゃ便利なものがあるんです。

その名も、「ダンボー」

こいつです。

どうやら、よつばと!って漫画に登場するキャラクターのようなんですが、こいつのミニフィギュアを旅行に一緒に連れて行くと最高に便利なんです。

ここ半年くらいで撮りためた写真を添えて、いかに最高かをお伝えしようと思います。



ダンボーを旅のお供として

めちゃくちゃ綺麗ってわけではないけど、そこそこに綺麗な景色に出会った。だけど、景色だけだとなにか味気ない。人を置いて撮りたいけど、そもそも1人旅だからそんな人もいない。

そんなときに、バックパックの中にこいつを忍ばせておくとあら不思議!

見事に写真が映えます!素晴らしい!

 

ゲストハウスで他のお客さんがほとんどいなくて寂しいときでも、こいつを被写体にして写真を取れば暇も紛れます。素晴らしい。

 

暇で暇で仕方ない電車旅でも、ダンボーと一緒に旅をすればシャッターチャンスの連続なので楽しさが倍増します。周りからは変な目で見られましたが、1人旅の途中なのでそんなのは全く気にならない。楽しい。

 

日常の中の被写体として

何も旅先で撮る必要はない。日常の中にアクセントを加える要素の1つとしてダンボーをおすすめします。

日常の中の何気ない瞬間にダンボーを置いてみることで、一気に写真が映えます。インスタ映え間違いなしです。

 

割って使い物にならなくなった卵の殻を被せてみても楽しい。自分の好きなお酒と一緒に撮ってみても楽しい。ここまで書いてきてすごく寂しい生活をしている気がしてきましたが、そんなことは気にしてられない。ダンボーは素晴らしいんです。

 

雪の日には外に持っていって、一緒に撮ってみるのもとても楽しいです。

アパートの玄関前でこれを撮ったんですが、近所の方々に撮影風景を目撃されないのを祈るばかりでした。



ダンボーは1体持っておくとすごく便利!

1体持っておくと便利なことで有名なダンボーですが、何を思ったか別バージョンのものをもう1体購入してしまいました。完全に手持ち無沙汰です。

ダンボーはリボルテックのため、手足がある程度自由に動きます。さまざまなポーズをとらせて写真が撮れるため、使い勝手は抜群です。

旅や日常の写真にアクセントがほしい方には、ダンボーを強くおすすめします!

それでは!

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

スガワラ

22歳の青森県在住大学生。 旅して写真撮って、ごく稀に野球してます。プレーするより野球用具が好きです。 来年からは関東で理学療法士やります。 よかったらインスタ覗いていってください。