青森県で青春18きっぷを使用する時に気をつけたいこと

こんにちは。スガワラ(@carex_take_blog)です。

青春18きっぷが大好きな大学生です。18きっぷを使用して旅する人のことを「18きっぱー」って言うらしいです。

自分自身もけっこういろんな路線を乗り倒してる18きっぱーなんですが、青森県って18きっぱー泣かせもいいところの難所なんですよね。

っていうのも、

  • 私鉄が多いのでそもそも18きっぷが使用できない区間がある。
  • 使用できる路線(青い森鉄道)の制限区間がめんどくさい。
  • 私鉄がアホみたいに高い
  • ゲストハウスがない

などの要因により、安く旅したい18きっぱーにはかなりの難所になっています(体感としては)

どうすれば安く青森を攻略できるのかを青森県の大学生がご紹介します!

今回は、北海道に移動することは考慮せず、秋田方面から奥羽本線もしくは岩手方面から青森に来る方に向けての記事となります。

[box class=”blue_box” title=”合わせて読みたい”]青春18きっぷの正式な略称はあるのだろうか?[/box]

青春18きっぷの特例区間

青春18きっぷは、JRが5日間乗り放題になるものであり、基本的には私鉄に対応していません。

青森県の場合、青い森鉄道、五能線、弘南鉄道、津軽鉄道には本来であれば使用できません。しかし、八戸線や大湊線といった、青い森鉄道の駅から乗り入れるJRの路線も存在するため、特例区間が設けられています。

青い森鉄道線の「青森~八戸」間、「青森~野辺地」間及び「八戸~野辺地」間については、普通・快速列車の普通車自由席に乗車して通過利用する場合に限り、利用できます。当該区間内の青い森鉄道線の駅で下車した場合、別に全乗車区間の運賃が必要となります。ただし、青森駅・八戸駅・野辺地駅に限り下車することができます。

JR東海の公式HPより引用

これつまり何かって言うと青春18きっぷで青い森鉄道に乗ろうと思ったら、青森駅の次は野辺地駅か、八戸駅でしか乗り降りできないっとことです。言っちゃなんですが野辺地で降りたらおそらく18きっぱーの方々は絶望すると思います。マジでなんもないです。笑

特例区間が設けられているのは、青森ー八戸間の青い森鉄道だけ。八戸から盛岡までは通常の運賃がかかります。(バスで行った方が安いし時間かからないかもしれません。)
奥羽本線は全部JRの管轄なので、青春18きっぷで移動することが可能です。弘南鉄道や津軽鉄道は利用できませんのでご注意ください。こちらは特例区間が設けられていません。

[box class=”blue_box” title=”合わせて読みたい”]“青春18きっぷ”って18歳までしか使えないってマジ?[/box]

 

青森県で便利なフリーきっぷ

青森県を出来る限り安く、お得に移動するためには、青春18きっぷのようなフリーきっぷを駆使する必要があります

青森県外の方にあまり知られていない、死ぬほどお得なフリーきっぷを3つほど紹介します。

青い森鉄道ホリデイフリーパス

青い森鉄道全線(青森〜目時)が1日2,050円で乗り放題になります。対象区間は青森駅から目時駅までです。18きっぷと違って、対象期間であればいつでも使用できるというわけではなく、利用する日を指定してその1日のみの利用となるのでご注意ください。

また、こちらのきっぷは土日しか利用できませんのでご注意ください。

青い森鉄道の有人改札が設けられている駅(青森駅、浅虫温泉駅、小湊駅、野辺地駅、三沢駅、陸奥市川駅、八戸駅、剣吉駅、三戸駅)にて購入が可能です、

また、全国のコンビニでも購入が可能なので、近くで購入できなう場合はコンビニでの購入をおすすめします。

[btn class=”big”]詳しくはこちら

 

津軽フリーパス

これはおそらく青森県で最強のフリー切符です。奥羽本線と、津軽鉄道、弘南鉄道、弘南バスが二日間乗り放題になります。このきっぷの凄いところは電車だけでなくバスも乗り放題になるところです。

対象区間
JR東日本公式サイトより引用

対象区間

JR東日本線、弘南鉄道線、津軽鉄道線の津軽五所川原駅~金木駅間の普通列車(快速含む)の普通車自由席
◯弘南バスの指定区間
・弘前市内全ての循環バス・路線バス
・弘前バスターミナル~碇ヶ関駅前・尾上駅前・黒石駅前・大川原・嶽温泉・田代の各区間
・黒石市内循環バス
・黒石駅前~虹の湖公園間
・五所川原市内循環バス
※津軽鉄道線のストーブ列車、弘前~津軽峠間の直行バスはご利用になれません。

これだけ移動できて、かつ2日間も利用できて2,060円という破格の値段設定です、

これを利用しない手はありません。

北海道&東日本フリーパス

元も子もない話ですがそもそも18切符を使わないで、北海道&東日本フリーパスで青森県を旅すれば良いだけの話でもあります。

青い森鉄道だけでなく、それに続くいわて銀河鉄道も乗り放題になるので、18きっぷよりも北海道&東日本パスで青森に来ることをお勧めします。

北海道&東日本フリーパスは、7日間も利用できて、10,850円と青春18きっぷ(11,850円)よりも1日あたりの料金が安いです。

対象区間は、JR東日本およびJR北海道、青い森鉄道、いわて銀河鉄道、北越急行 ほくほく線全線にて乗り降り自由となっています。

北海道&東日本フリーパスは青春18きっぷと違って、「購入時に指定した日から7日間」が利用期間となっており、うっかり旅程を間違えてしまうとめちゃくちゃ損することになるのでご注意ください。使いようによっては18きっぷよりもお得に旅できる可能性を秘めた切符なので、是非とも利用してみてください!




そもそも電車を使わずにバスで移動する

八戸や恐山といった青森の定番スポットに寄る用事がなく、サクッと岩手に移動したいとう方は、青森駅および弘前駅から出ている盛岡駅行のバスを利用することをおすすめします。

青森駅を出発して、青い森鉄道と岩手銀河鉄道を乗り継いで盛岡駅まで行く場合、乗り換え時の待ち時間が少なく乗り継ぐことができれば約3時間半で着くことが可能です。この時の運賃は5,480円です。(ちなみに青森ー盛岡を新幹線で移動すると6,460円)

青森駅から盛岡駅までバスで移動した場合、所要時間3時間ほどですが3,300円で移動することが可能です。

鉄道縛りの旅でない場合は是非とも選択肢に入れてみてください!

良い旅を!

まだ2018年春季の18きっぷの発売期間、利用期間については公式に発表されていませんが、例年通り、3月1日からの利用になると思われます。

安く、移動時間がかかる旅ができるのは時間がある学生ならではの旅なので、この記事を読んでいる学生の方は是非とも電車旅に出かけてみてください。

それでは!

ABOUT ME
スガワラ
スガワラ
22歳の群馬在住医療職。 旅して写真撮って、ごく稀に野球してます。プレーするより野球用具が好きです。 よかったらインスタ覗いていってください。