初めてカメラを買う時に気をつけたいこと

ABOUTこの記事をかいた人

スガワラ

22歳の青森県在住大学生。 旅して写真撮って、ごく稀に野球してます。プレーするより野球用具が好きです。 来年からは関東で理学療法士やります。 よかったらインスタ覗いていってください。

広告




こんにちは。スガワラ(@carex_take_blog)です。

お年玉などの副収入が入ってきて、カメラを購入しようか悩んでいる方も多いんじゃないでしょうか。

  • 初めて買う時は何に気をつければいいのか?
  • とりあえずカメラだけ買っとけばいい?それ以外は?

 

など、わからないことが盛りだくさんかと思います。

一眼レフ、ミラーレス一眼を初めて購入する方に気をつけて欲しいことを、今回は主に金額に焦点を当てて説明していきます。

購入の参考になれば幸いです!



カメラを買う時に気をつけたいこと

カメラの選び方については別記事にて書いてますので、そちらをご参照ください!

ボディーだけ買ってしまわない

これ結構やってしまう人多いんですが、カメラは基本的にボディー(本体)とレンズで写真を撮ることになります。

レンズだけあっても写真は撮れませんし、ボディーだけあっても写真は撮れません。

必ずボディーとレンズ両方買うようにしてください。

ボディーとレンズが一緒になったカメラももちろんありますが、これだと表現の幅が実はそこまで広くなくて、写真を楽しむと言うよりかは記録用の写真になると思います。撮れる写真の幅を楽しみたい、表現を楽しみたいっていう方はぜひ交換レンズのカメラの購入をお勧めします

カメラを購入する予算は、カメラの値段+1万円で見積もっておくべき

カメラ本体の値段は安いもので40,000円程度ですが、カメラに加えてSDカードや、一眼レフのケースorカバー、レンズフィルター代等がかかることです。
それぞれ安いもので賄えば、5,000円以内に収まるんですが、使用の用途によっては必要なものも変わってくるので、カメラの値段+1万円と思っていただければ幸いです。




最初に買うべきもの

SDカード

忘れがちな方が多いですが、SDカードがないと写真が記録できません。ただシャッターを切るだけになってしまいます。店頭で買うと高いので、Amazonで購入することをおすすめします。

レンズフィルター

スマホのフィルター感覚でいるかもしれませんがカメラの場合はレンズが傷つくとうつりに大きく影響が出るのでフィルターはできるだけ購入することをオススメします。スマホの画面を割りやすい方は特に。

カメラケース・カバー

カメラ意外と傷つきやすいです。ソフトタイプのカバーでいいので買うことをオススメします。
安いもので1,000円程度です。

カメラの手入れ道具

これは予算に余裕がある場合で構わないので、ブロアーやドライボックスなどのお手入れ用具を買うことをおすすめします。安いものだと3,000円程度です。

 

買う時は中古のカメラでも問題ないよ!

中古のカメラでもカメラの性能としては全く変わりがありません。

中には新品とあまり変わらない品質のものもたくさんあります。

個人的には入門機の新品を買うよりミドルクラス機(D7100、D70等)の中古品を買う方が、カメラのスキルが早く上達すると思っているので、カメラを買う人にはミドルクラスの中古を買うことを今はお勧めしています。

ちなみに中古買うときに気をつけたいのがカメラの型番です。あまりにも昔の型のもの買ってしまうと、長く使えなかったりするので注意が必要です。極端にスペックが低くなってしまいます。

カメラの購入相談も承っております!

お問い合わせフォームもしくはTwitterでご連絡いただければ、カメラの購入相談に乗ります!

機材に迷っている方はご一報ください!

それでは!

 

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

スガワラ

22歳の青森県在住大学生。 旅して写真撮って、ごく稀に野球してます。プレーするより野球用具が好きです。 来年からは関東で理学療法士やります。 よかったらインスタ覗いていってください。