【学生向け】1万円以下の少額で仮想通貨取引をしたいときに気をつけたいこと

広告




こんにちは。スガワラ(@carex_take_blog)です。

最近話題の仮想通貨。年末はお金ないからお年玉入ったら突っ込んでみようとか企んでる人もきっと多いはず。

ええ、私もその1人です。

あなた
まだ学生だから何十万円もつっこみたくなくて、とりあえず1万円とか5千円から始めてみよ….
あなた
なんか流行ってるから取引所とかよくわかんないしCoincheckでいっか

少々お待ちを

そのままだと確実に損します(経験談)

CoincheckbitFlyerなどの大手取引所は手数料の関係で、取引の仕方によっっては大損こく可能性があるので十分に注意が必要です。

結論から言うと、大学生が損をせずに少額の取引で利益を上げるためには

  • 販売所ではなく取引所で仮想通貨を購入する
  • ビットコイン以外の仮想通貨に手を出したいときはbitFlyerかZaifがおすすめ
  • 入金した日本円をすべて仮想通貨に使わずに余力を残しておく
  • changellyを頻繁に利用しない

これを意識すれば少額の取引でも利益を上げることが可能になります!

仮想通貨の買い方

仮想通貨ですが、まずは日本円から仮想通貨を買わなければ意味がありません。大雑把な流れついて説明していきます。

取引所に登録する

仮想通貨は、基本的に「取引所」と呼ばれているところで買うんですが、まずは取引所でのアカウントを作らないことには始まりません。

仮想通貨の取引所は国内外問わず、多くの取引所がありますが、最初は国内の取引所を利用することをおすすめします。

国内であればCoincheck、bitFlyer、Zaifが個人的にはおすすめです。3社それぞれ登録は無料であり、メリット・デメリットが異なりすぎて使い分けないと利益を上げることが難しいので、複数のアカウントを作成することをおすすめします。

また、国外だとBinanceという中国の取引所が日本語に対応しているので開設することをおすすめします。

自分はCoincheckbitFlyerZaifBinanceで実際に取引しています!

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 

本人確認を済ませる

各取引所では、免許証等の身分証明書を提出しないと実際に日本円を入金して取引を行うことができません。

身分証明書を取引所で確認した後に、身分証明書に記載されている住所に本人確認のはがきが届きます。そのハガキが届いた時点で本人確認は終了し、実際に取引が可能になります。

実はこの本人確認にかなり時間がかかるんです。

CoincheckとbitFlyerは1週間程度で届きますが、Zaifは2週間ほどかかるので覚悟しておいてください。

本人確認のハガキを待っている間に、狙っていたコインが2倍、3倍の価格まで跳ね上がるなんてことも十分にあり得るので早めの手続きをオススメします!

日本円を入金して仮想通貨を購入

本人確認が終了したら、指定された口座への振り込みを行い、取引所に反映された時点で仮想通貨の取引が可能になります。

楽天銀行等のネットバンクで口座を作っておくと、スマホから振り込み申請ができて便利なので1つ作っておくことをオススメします。

 

実際に少額の取引をした経験談

自分自身、Coincheckでビットコインを購入しようと決意した時点で貯金残高が2万円ほどでした。

そもそも突っ込める額が少なかったんですが、試しにってことでCoincheckのアプリ内で販売所を通してビットコインを購入しました。

思えばこれが負の連鎖の始まりでした。

ビットコインだけでなく、XEMやLISK、DASH等にも手を出したかったので、「ビットコイン以外の通貨(アルトコイン)を買う時はchangellyにビットコインを送金してからアルトコインに換金すれば良い」と教えられていました。

スガワラ
これはいただきましたわ。儲けますよ。

なんて調子に乗っていました。ビットコインを早速ほかの通貨に変え、常にアプリでチャートを眺め、他の通貨が買い時だと思ったらその都度changellyを通して他のコインに変えるってことを1週間ほど繰り返していました。

結果として、突っ込んだ5,000円は気がついたら3,000円に早変わり。

買ったコインの価格は上がっているのにまさかの−2,000円です。なんで?




マイナスになった要因

なぜ取引しただけでマイナスになったのか、原因がついにわかりました。

取引所で購入していなかった

仮想通貨取引所には、販売所と取引所っていうのがあります。販売所は、仮想通貨取引所で仕入れた通貨を販売するため、ある程度の手数料がかかります一方、取引所はあくまでユーザー間でのやり取りであり、取引所は関与する部分が少なくなるため、手数料が激安〜無料になります。

基本的には手数料は明確な額の提示はされていませんが、だいたいは買値と売値の真ん中の値なので検討はつけやすいです。

自分はアホなことにCoincheckの販売所で仮想通貨を購入していました。Coincheckのアプリでは、取引所の選択ができずに販売所でしか買えないことを知らなかったので大損こいてしまいました。

PCで取引するのが手っ取り早いですが、スマホでCoincheckを使用してBTCを購入する時は、safariやchrome等のブラウザでCoincheckにアクセスして「取引所」を選択してから購入するこおをおすすめします。

Check
仮想通貨を買う時は必ず「取引所」で

CoincheckのBTC送金手数料がバカ高い

前述したとおり、changellyを使えばお得に取引できることは知っていたので、他のコインを買いたくて迷わずBTCをchangellyに送金しました。

Coincheckから他の取引所やウォレットにBTCを送金する際、手数料として0.001BTCがかかります。自分が始めた当初は1BTC=200万円程度だったので、送金手数料は2,000円だったということになります。5,000円しか持っていないのに、2,000円の手数料を払ってまで換金するとか思い返せば相当バカなことをしたなと思います。

このchangellyを数回に渡って使用したため、息をするように損をしてしまいました。

「だったらCoincheck内で他の通貨に換えればいいんじゃないの?」なんて思うかもしれませんが、Coincheckではアルトコインに関しては販売所しか用意していないため、購入と売却時にバカ高い手数料を持っていかれてしまいます。下手すると利益そもまま持っていかれます。

モナコイン(MONA)、NEM(XEM)、イーサリアム(ETH)、ビットコインキャッシュ(BCH)はzaifであれば取引所があるのでお得に購入することができます。

Check
Coincheckの送金手数料がバカ高いので要注意

相場に左右されすぎていた

スガワラ
DASHが伸びてる!買おう!
スガワラ
これからはXEMの時代だ!買おう!

みたいなのを繰り返したのが間違いでした。

Coincheckでは、ビットコイン以外の通貨にもけっこうな送金手数料が生じます。この手数料ってのが、どの取引でも一括でかかるため、額が小さければ小さいほど損をする簡単な仕組みとなっています。

他の通貨に変えるときもchangellyを使ってたんですが、そもそもchangellyへの送金手数料で利益が吹っ飛ぶorマイナスになるという結末を迎えました。

相場に左右されずに短期で頻繁に取引するのは、少額の取引をする方にはあまりおすすめできません。

試しに相場を眺める程度にするか、長期保持と割り切って購入することをおすすめします。

Check
あくまで長期保持のスタンスがおすすめ

買い増し用に日本円の余力を残していなかった

仮想通貨は変動が激しく、半日もあれば価格3分の2程度に落ちることが日常茶飯事です。

大暴落したとしても、いずれは元の値に戻ることがほとんどであるため、焦る必要はありません。むしろここからまた上がるので買い増し大チャンスなわけです。

取引所に入金した日本円をすべて使用して仮想通貨を買わず、5,000円の入金であれば3,000円分の通貨を購入し、残りは暴落した際の買い増し用の余力としてとっておくという戦法がおすすめです。

自分は入金した日本円を全部つっこんだためかなり損するハメになりました。

Check
買い増し余力を必ず残しておく

損せずに取引するにはどうすれば良いか

丸の内OL玲奈さんのツイートを引用させていただきます。

このうちの、取引所を利用して取引する方法について紹介します。

取引所と販売所の違い

めちゃくちゃ紛らわしいんですが、国内の仮想通貨取引所には、「取引所」と「販売所」というものがあり、取引所で仮想通貨を購入することで手数料を安く抑えることができます。

取引所というのは、仮想通貨を所持しているユーザー間で取引をする方法であり、売り買いの際に取引所を仲介します。Coincheckであれば取引所で売買する際の手数料は無料です。Zaifだと手数料がマイナスになるキャペーンをやっていて、取引をするだけで手数料が上乗せされて手元に入ってくる最強の取引所です。

販売所というのは、仮想通貨取引所が仕入れたコインをユーザーが購入、売却する場合は取引所が購入するする形で仮想通貨の取引が行えます。各取引所で共通しているのが、この手数料がバカ高いんです。

Coincheckの販売所で売買する際の価格をスクショしたので実際に見てみましょう。

購入時

売却時

 

仮に購入してからすぐに売却した場合、52,100円も損をすることになります。

少額の0.001BTC(約1,700円)を購入して売却する場合、約52円の手数料がかかります。

頻繁に売買を繰り返した場合、利益がごっそり持って行かれて手元に入ってくるのは購入時の金額ということが十分にありえるわけです。

この手数料は、取引所を使用してコインを買う場合にはもっと安くなるor一切かからない倍が多いので、購入する際には取引所で購入することをおすすめします。(Coincheckは取引所の手数料が無料、zaifは手数料がマイナスのキャンペーン中なので取引額に上乗せされます。)

※Coincheckの取引所はアプリでは利用できず、スマートフォンから買うときはsafariやchrome等のブラウザからログインして利用する必要があるので注意が必要です。

 

changellyがめっちゃ安い

 

詳しいことは今回の記事では割愛しますが、Coincheckユーザーがアルトコインを購入する際にはchangellyを使うとめちゃくちゃ安く取引できるという記事が検索すれば大量に出てきます。

ただ、changellyを利用する時に気をつけなければならないのが、changellyを使用して安くなるのはあくまで数万〜数十万円単位で取引する人だけということ。

chngellyを利用してアルトコインに換えるためには、changellyにBTCを送金しなければならないのですが、上述のとおりCoincheckの送金手数料がバカ高いので少額で取引している人は確実に損します。

Coincheckの場合、送金手数料は通常は0.001BTC(現在だと約1,700円)です。(2017.12.28時点で、世界的に手数料が高騰しているため一時的に送金手数料が倍の0.002BTCになっています)0.001BTCに戻りました

他の通貨をchangellyに送って換金する場合でも、少額で取引する方は損する可能性が高いので注意が必要です。

 

少額の取引所で損をしない取引所の組み合わせ

現時点で仮想通貨を購入する際に損をしないために利用するべき取引所をまとめました。

  • ビットコインだけ買いたい場合
  • ビットコイン以外にも買いたい場合

の2つに分けて解説します。

ビットコインだけ買いたい場合

ここまで長々と説明して、Coincheckが悪だと言わんばかりに書いてきましたが、ビットコインだけを取引する場合にはCoincheckは十分におすすめです。

zaifは手数料がマイナスになる代わりにサーバーが脆弱で、何かしらの通貨が暴落すると途端にアクセスできなくなります。

coinccheckは抜群の安定感があることに加えて、本人確認の書類が届くまで1週間もかからないのもオススメする理由の1つです。(zaifは2週間以上)

ただ、購入する際は必ず「取引所」を選択して買うようにしないと損するので注意が必要です

Check
ビットコインだけを購入する場合はCoincheckでも十分!

 

ビットコイン以外の通貨も買いたい場合

ビットコイン以外の通貨も買いたい場合は、金額だけで見ると取引手数料がマイナスのzaifと豊富な銘柄を揃えているbinanceの組み合わせが現時点で最強です。

zaifでは、ビットコインの他にイーサリアム(ETH)、ネム(XEM)、モナコイン(MONA)、ビットコインキャッシュ(BCH)を取引所にて売買でき、金額で見た時には少額で取引をする方にとって国内で最強の取引所です。

また、Zaifで取り扱っていない銘柄は、Binanceという中国の取引所で十分にカバーできます。

Binanceは中国の取引所ですが、日本語に対応しているため、安心して利用することができます。

取引する方法としては、

ZaifでBTCを購入⇒Binanceに送金⇒BTCを元手に他の通貨をBinanceにて購入

といった感じです。

ZaifのBTC送金手数料は(0.0001BTC以上選択可、0.001BTC以上推奨)といった感じで、Coincheckの0.002BTCより安いので送金にかかる手数料を抑えることができます。

取引の段階が増えて多少面倒ではありますが、取引にかかる手数料を最小限に抑えるためです。ご了承ください。

デメリットとしては、Zaifの本人確認が2週間かかること、Binance内で円⇔仮想通貨が不可能なことです。

check
ビットコイン以外を買いたいのであればZiafとBinanceの組わせが現時点では最強

 

お年玉で一儲け

お年玉を仮想通貨にぶちこもうとしてるあなた。

本人確認やらなにやらで、登録してから1週間〜2週間は日本円を入金できないので今のうちに手を打っておきましょう。

少額からでも利益を出すことは十分に可能です!

せっかくの臨時収入、消費するだけではなく、増やしてみましょう!

 

今回の記事で紹介した取引所
CoincheckbitFlyerZaifBinance

 

 

 

広告










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です