【スマホ】【カメラ】今時の女の子はISO感度を本能的に獲得している説

広告




ただただくだらない考察です

カメラを始めた時にぶち当たるわけわかんない用語である「ISO感度」を女の子たちは本能で理解しているのではないかという個人的な見解です。

ISO感度とは

先日の記事でざっくりとフィーリングで紹介したISO感度

素人カメラマンが写真用語をなんとなくざっくりと解説


これ、どういうことかというと、ISO感度が低ければ低いほど写真は綺麗になり、高ければ高いほどノイズ(粒々したやつ)が入ってしまいってザラザラ感が増してしまうというやつ。カメラが感知する光は、自分の身の回りにある光を感知するわけではなく、カメラに入ってきた光を感知して映し出します。そのため、明るい場所でも暗い写真が撮れるし暗い場所でも明るい写真が撮れます。カメラに入ってくる光の量を調節するのがシャッター速度や絞り(F値)であり、入ってきた光を感知するのがISOっていう関係性です。
だから、光がそこらへんに溢れている晴れの日はとことん綺麗な写真が簡単に撮れるし、曇りの日や雨の日は少し設定をがんばらなければ重い通りの写真は撮れません。
ISO感度はできるだけ低い値で撮影したいため、カメラやってる人はシャッター速度や絞りをうまいこと調節してうまいこと光が多く入ってくるようにします。カメラの設定次第では自動でやってくれますが、マニュアルで調節することで自分が切り取りたいイメージに近い形で写すことができます。

ただ、これは一眼レフの話

今回の記事のテーマは女の子がISO感度を本能で理解していることについて

今時の女の子たちが写真を撮るときに使うのは基本的にスマホなはずです。

スマホで写真を撮るときにシャッター速度だなんだって表記を見たことありませんよね
(マニュアルで設定して写真を撮れるアプリもあるけど、それはまた別のお話)
実は、スマホは明るさを調節する3つの要素を自動で調整してくれてます。

iPhone6を例にすると、iPhone6では暗所での撮影の際にISO感度を上げることで暗い中でも写真が撮れるように対応しているようです。
ただ、ここで一つ疑問として生じるのが、
“ISO感度が小さいほうがきれいな写真撮れるんだからシャッター速度とか絞り下げればいいじゃん”
てことです。
まあ、たしかに理論的にはそうなんですけど、iPhoneで撮影する場合のほとんどは手持ちでの撮影です。一眼レフを扱ってみればわかりますが、手持ちで撮影して手ぶれしないのはせいぜい頑張っても1/20秒ほど。それよりも遅くしようとすると、三脚を使ったり被写体が完全に静止していないとブレまくりの写真ができあがります。
そのため、実際の数字はわかりませんが、iPhoneで手持ち撮影できるギリギリの数字までシャッター速度を下げ、絞りも解放し、それでも暗い場合はISO感度で対応することになります。
そのため、夜間に屋外で撮った写真のほとんどがザラザラした写真になり、フラッシュを焚かないとまともに人が映り込ません。
つまり何かっていうと、光が少ない場所では可能な限り光がある場所で写真を撮ると綺麗に映り込むよって話なわけです。

あれ?女の子の話題に触れてなくね?

さて、ここからが本題です。
さくっと終わります。

30代前半くらいまでの人ならわかると思いますが、若者には「盛る」って概念があります。
日常ではそんな角度から滅多に見ねえよって角度から自撮りをしたり、スマホアプリなどを使用した巧みな画像編集技術を駆使して、自分の容姿をランクアップさせることを言います。
女の子は自撮りをするとき、どうやら盛れる角度を探す習性があるようです。
その盛れる角度を探すとき、重視するのが”明るい場所“とのこと。

ん?

先ほど説明したISO感度にもどります。
“スマホのカメラを使用する際は明るい場所の方が綺麗に映り込む”

そして、女の子は何百回、何千回と繰り返してきた自撮りの中でこの仕組みを理解する前に体得している。

自分をいかに可愛く、綺麗に見せるために数多の自撮りテクを漁り、体得している。

つまり、

 

今時の女の子はISO感度を理解することなく本能的に体得している

 

以上!

~ここまで読んでしまった人は時間の無駄使いをしてしまったことを保証いたします~

広告










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です